ECO’s KITCHEN「しそは英語でなんていう?日本食を英語で説明するお役立ち表現☆」

image

Sauteed shimeji mushroom oyster mushroom and Japanese ginger (myoga) with soy sauce and Japanese basil

しめじとエリンギとみょうがのしそ醤油炒め

Miso soup of sliced carrots Chinese radish and soft tofu

人参と大根と絹ごし豆腐のお味噌汁

 

しそは何度かこのブログにも登場していますが、なんだか英語での呼び名が定まらなくて、モヤモヤしていました!

日本の文化に精通している人や、料理に詳しい人ならハーブの一種としてShisoと認識している人もいます。

 

でも一番簡単なのは

 

Japanese basil

 

と言ってしまうことですね。

 

つぎに専門用語過ぎず、ちょうどよい名前は

 

Beefsteak leaf

 

です。

 

色々調べているうちにしそに関する英語の面白い記事を見つけたので、もしよかったら読んでみてください☆

しそが食用として人気が出た理由を”… especially popular as they have a rich cinnamon scent.”と言っているのには驚きでした!!

シナモンの香りとはだいぶ違うような~でも、アメリカ人はそう感じるんですかね!

 

しそがどのように食卓で楽しまれるか、”Using Shiso”の部分で説明されているので、日本食を英語で説明したい人はぜひ参考にしてください☆

いくつか表現をご紹介します!

 

as a source of additional color and flavouring 色や風味を足すものとして

 

accompaniment of raw fish お刺身の添え物

 

しその他にもJapanese ginger(みょうが)を今回は使いました!私、みょうが好きなんですよね~♪

薬味や天ぷらなどにされることが多いのかなと思いますが、炒め物にみょうがを入れるのもサクサクした食感と香りが足されておいしいですよ~^^

みょうが好きな人はぜひお試しあれ!

 

では!