英会話上達においてインプットが大事な本当の理由

英会話を上達させたい人たちの多くは、たくさんの実践練習、すなわちアウトプットこそが上達への成功法だと思っています。どうしても遠慮がちな多くの日本人は実践練習を怠る傾向があります。もし、あなたが実践練習を積極的に行っているのだとしたら、その心意気はとても素晴らしいものです。本記事では、英語力を伸ばしたい人が気になる、取り組むべきインプットとアウトプットのバランスについてお話します!

「英会話=アウトプット」では英語力は伸びない

英会話力を伸ばすには、アウトプットが大事!…それは間違いではありません。でも実は正解でもありません。実践練習は英語に対して反射神経を鍛えることなど、ためになることはたくさんあります。ただ、「英会話=アウトプット」と単純に考えてしまっては、残念ながら英語力は伸びません。

 

なぜなら、アウトプットする材料が、足りないからです。たくさんの材料を集めて自分のものにして初めて、実践の場で使うにはどうしたらいいかと考えることに効果が表れます。

 

インプットはどのレベルの学習者にとっても大事なこと

日本で英語バイリンガルになるためには、英語圏で生活をしている人たちに劣らない量のインプットをすることが不可欠です。単語、コロケーション、決まり文句など、覚えるべきことはたくさんあるからです。

inputoutput

どんな英語上級者でも、無限にある表現をすべて網羅している人はいません。ネイティヴにもいません。日本人で日本語が完璧な人がいないのと同じです。言語に完璧はありませんが、完璧という状態があるのだとしたら、そこまでの差を最後に埋めるのが、表現の数です。どれだけのことばを知っているかが、英語の表現力のレベルを決めると言っても過言ではありません。

 

高い表現力が生活するのに必要な理由

語彙力の高い人ほど賢く信頼を持てる印象を与えるのは間違いありません。でも、英語学習者のみなさんは様々な動機で英語を勉強しています。外国人とたくさん友達を作りたい、海外旅行で現地の人と仲良くなりたい、といったようなカジュアルな場面で使える英語力を求めている方から、ビジネスの場で対等に交渉できるようになりたい方までさまざまです。

 

目指すべきは一緒に話をしたい人たちと同じ言語レベルの習得

あなたの目的がカジュアルな日常英会話の習得だとしても、高い語彙力を持ち、賢く信頼のおける印象を相手に与えることは重要です。なぜなら、人は同じくらいの言語レベルの人と付き合うことが一番自然だと感じるからです。異文化交流など、ほかの動機がない限りは、意思の疎通がスムースに図れる人と付き合う方がストレスを感じづらいです。

 

もし、低い語彙力のまま実践練習の場にばかり出ていくと、反射神経が鍛えられて話すスピードが上がったところで同じ言葉しかでてきません。一つの事柄を表すのに一つしか表現を知らないと、「何度も同じことを言う人」という印象を相手に与えかねません。しつこいと思われるかもしれませんし、あまり賢くないと思われてしまう可能性もあります。

 

また、友達になりたい相手が表現力の豊かな人であった場合、相手の言葉を理解できず会話から置いていかれてしまう可能性も大いにあります。会話は発話ではありませんので、聞き取って理解するという能力も等しく重要であることを忘れてはなりません。こうして、表現力が足りないと、付き合える人が自然と限定されていきます。

 

言語レベルを上げることで身の安全を守ることになる

もう一つ、高い表現力を持つことが大事な最大の理由があります。それは、身の安全を守るためです。前述のように、表現力のレベルの近い人と付き合うようになるのが人として自然の流れです。つまり、表現力が低い場合、判断力や知能レベルも低いとみなされ、危険な状況に誘われることが多くなります。

 

日本で生活しているとなかなか想像するのは難しいですが、海外の、特に貧富の差が治安の悪さに直結しているような地域では、それに伴って教育水準も低いことが少なくありません。そのような地域出身の人は、低い表現力しかない場合も多く、違法な薬や危ない人とのつながりを持っていることもあります。

 

ペラペラ風な人が一番トラブルに巻き込まれやすい

英語力が低い人は意思の疎通が困難なため、あまり相手にはされません。ただ、ある程度の表現力がつき、実践練習も重ねて、一見流暢な英語話者が、悪意のある人たちの標的にされ危険なことに巻き込まれる可能性があります。あまりインプットに重きを置かずに言葉の知識が足りないまま、半年から1年くらい海外で過ごした留学生などが、一番このリスクを抱えています。一概には言えませんが、レベルや身に付く英語力のタイプの目安として、という意味で捉えていただければと思います。

 

まとめ

インプット量を増やしことばの引き出しを増やすことで、出会いたい人たちと仲良くなり、信頼関係を築くことができます。そして、それは日本よりも治安が悪いことがほとんどである海外で、自分の身を守る技術にもなってくれます。

 

多くの人は、英語力を身につけてやりたいことを実現させるために頑張っています。そのため、どのような英語力を身につけたら本当の意味で夢の実現につながるか、もう一度想像してみることも大切だと思います。