Derek Sivers: Weird, or just different?

他のTED動画を解説ページ付で観たい方はこちら>>「おすすめTED集」

 

Derek Sivers: Weird, or just different?

TED動画を使ってリスニングの練習をするページです。

まずは、細かいところは聞き流しても大丈夫なので、

以下の二点だけ理解しようと努めて聞いてください。

1.このプレゼンテーションは何についての話か

2.このスピーカーが一番伝えたいことは何か(主張)

では聞いてみてください!

 

いかがでしたか?

もちろん一回でわからなくても全く問題ありません。

まずはこの二つの要点に注意を向ける癖を付けるようにしてください。どれだけわからない単語や言い回しが出てきても、それらに惑わされずに、話の中で【一番大事な上記の二か所】と、【ご自身の今の英語力で拾える情報】だけで話の概要を把握できるようになります。


では概要の答え合わせです。

1.たくさんの例を用いて、「違うこと」についての新しい見方を提起している話

2. 普段、「正しい」と思われていることの正反対の考え方も、等しく「正しい」場合が往々にしてあるということ

なんとなくこんなことを言っていたなと思えれば合格です。


では、細かく内容把握のためのポイントを挙げていきますので、ご自身の満足度に合わせて聞き進めてみてください。

 

Key Points

① この話の最後に、このスピーカーの主張(もっとも言いたいこと)がTEDに関連付けられてまめられている文があります。その一文を聞き取ってみましょう。

 

② 冒頭に、アメリカと日本での道案内(あるいは地図の見方)の違いに関するエピソードが書かれています。どちらの文化が、「番地」という考え方を使い、どちらが「道」という考え方を使うのだと、このスピーカーは言っていますか?

 

③ 次に、中国のあるお医者さんに関する話がでてきます。このエピソードは私たちのどんな常識を覆しましたか?

ではまた聞いてみましょう。

 

Tips

英文の一部とその箇所(00:00)をお教えするので、それらをヒントに空欄を埋めながら上記のポイントを拾いましょう。

 

① (2:22~). So, let’s never forget, whether at TED, or anywhere else, that whatever brilliant ideas you have or hear, ____________________.

 

② *いくつかの文のまとまりで説明しているので、なるべく0:13~から全部聞いてください☆

(0:28~) You say, “Well, _____ don’t have names. Streets have names; blocks are just the unnamed spaces ___________.”

       (0:53~) And they say, “Well, ______ don’t have names. Blocks have names. Just look at Google Maps here. There’s Block 14, 15, 16, 17, 18, 19. All of these blocks have names, and the streets are just the unnamed spaces ___________.”

 

③ (1:41~)there are doctors in China who believe that it’s their job to _____ you _______. So, any month you are _______ you ____ them, and when you’re _____ you don’t have to pay them because they _______ at their job. They get rich when you’re healthy, not sick.

さて、このヒントを頼りにまた聞いてみましょう。

 

Answers

① (2:22~)So, let’s never forget, whether at TED, or anywhere else, that whatever brilliant ideas you have or hear, that the opposite may also be true.

 

“何かしらの素晴らしいアイディアをあなたが持っていたり聞いたりしたときでも、その真逆のことも正しいかもしれないのだ、ということを、TEDや他のどんな場面でも忘れないようにしよう。”

という、このスピーカーのメッセージですね。

 

② *いくつかの文のまとまりで説明しているので、なるべく0:13~から全部聞いてください☆

(0:29~) You say, “Well, blocks don’t have names. Streets have names; blocks are just the unnamed spaces in between streets.”

       (0:53~) And they say, “Well, streets don’t have names. Blocks have names. Just look at Google Maps here. There’s Block 14, 15, 16, 17, 18, 19. All of these blocks have names, and the streets are just the unnamed spaces in between the blocks.”

 

ニューヨークの例では”block(=区画)ではなく、「道」に名前がある。「区画」というのは、道と道の間にある名前のない空間なんだ”ということですね。

日本の例では”「道」に名前はなく、「区画」に名前がある。「道」というのは区画の間にある名前のない空間なんだ”ということですね。

 

③ (1:41~)there are doctors in China who believe that it’s their job to keep you healthy. So, any month you are healthy you pay them, and when you’re sick you don’t have to pay them because they failed at their job. They get rich when you’re healthy, not sick.

 

“中国には、人々を健康に保つことが自分たちの仕事だと信じているお医者さんたちがいる。だから、人々は健康な時に彼らにお金を払い、病気になった場合は払わなくて良い。なぜなら彼らは彼らの仕事を怠ったからだ。”ということなんですね。

 

つまり、私たちが日ごろ病院にかかるときに診察料などを払うということと真逆の考え方なのですね。

 


お疲れ様でした!よく頑張りましたね。

いかがでしたか?シンプルで、例もたくさんあり、日本の例も出ていて、聞きやすかったんじゃないかな、と思います。

考え方や風習をシンプルな文で説明する良いお手本となるようなプレゼンテーションだったと思うので、日本の文化を海外の人に発信したい人はぜひ参考にしてみてください。

 

他にもTEDのプレゼンを使ってリスニング練習したい方は、おすすめTED集のページを活用してください。