目標に迷っている人へ。日本人が英語を勉強する動機はなんでも良い

日本で生活していくために、英語は必要ではありません。それでもあなたがこのサイトにいらしたということは、生活する上で英語を意識されているからだと思います。

日本人が英語を勉強する様々な動機

今のお仕事で必要であったり、転職に使いたい、受験を英語で乗り切りたいなど、英語力を必要としている方もいると思います。また、海外旅行が好き、海外に住みたい、いろんな国籍の人と友達になりたいなど、英語力を付けて夢を叶えたい人もいます。そして、自己成長や趣味の充実を考えたときに「英会話をやってみよう」と思い立つこともあります。

 

私は、どんな目的や動機があって英語を始められても構わないと思います。そのため、あなたの目標のため、やりたいことの実現のために、最大限お手伝いをしたいと思います。

eikaiwa1

動機・理由を常に意識することが大事

英語に取り組み始める前に、皆様に一つだけ意識して欲しいことがあります。それは、「なぜいま自分は英語を学ぶのか」ということです。

 

これを意識し続けるかしないかで、あなたの英語力はかなり変わってきます。仕事などで英語力がすぐに必要ならば、基礎から勉強することや期限を設けて短期集中で取り組むことが大切です。

 

もし、勉強というよりは実践の場で英語を使って身につけたいのであればインプット・アウトプット共にかなりの量をこなす必要があるでしょう。また、英語を趣味やライフワークとして勉強したいのであれば、長く続けるためにモチベーションを維持する方法を模索することが最優先になるでしょう。

 

どんな目的や動機を持っているかによって、取り組み方はかなり変わってきます。指導者としておすすめできる方法も変わってきます。ご自身でも何をしたらいいか見つけやすいですし、周りからも適切なアドバイスが手に入りやすいです。また、取り組み方が決まっていると迷いがないので、目的・動機を常に意識される方はその実現も早いです。

 

「なぜいま自分は英語を学ぶのか」これを意識していただくだけで実現されたいことへの近道となります。

multicultural

日本にいる英語を使える人の種類も様々

日本にいる全ての英語上級者が帰国子女というわけではありません。また、帰国子女にも色々な種類がいます。

 

人生の半分以上を英語圏で過ごしたり、海外のインターナショナルスクールで英語漬けになって育ったりした人たちから、幼いころに数年海外で過ごし、英語は忘れてしまったけど発音だけはきれいに残っているという人たちまで千差万別です。

 

日本で英語力を付けて上級者になった人たち

後者のような人たちの中には、一旦忘れてしまった英語を日本で努力してしっかりと自分のものにした人たちもたくさんいます。一方で、海外経験はゼロの状態から努力して英語を使いこなせるようになった人たちもたくさんいます。

 

海外経験のない人も英語でのアウトプットは鍛えられるという例

私の通っていた大学の学部には、1年間の海外留学が必須という特殊なプログラムがありました。そのため、それまで海外経験がなかった人たちがこの留学の機会を得るために難しい英語の試験に合格し入学することも多かったです。

 

入学するにはいくつかの形式の試験がありましたが、書類選考の後の一次試験として、英語の長文に対して、選択式ではなく論述式で回答するという問題が筆記試験のすべてを構成するというものもありました。文字を使ってですが、英語でアウトプットする練習を、入学前の段階から鍛えないといけなかったのです。

 

その後、二次試験に進めた人が受けるのが面接試験でした。これらの試験は、従来の選択式の英語の試験対策では鍛えることができない、英語のアウトプットを鍛えることなしには通過できない類のものです。裏を返せば、アウトプットだって、日本に居ながら練習できたということなのです。そうでないと、日本で生まれ育った人たちが、このような試験を通過できるか試されること自体がおかしいので。

 

続けることで日本語環境に打ち勝てた

私個人も、日本で生まれ育ちましたが、日本でどうにか英語を使えるようになる方法はないかと試行錯誤して英語の勉強を継続できた結果、初めての海外留学前に、自分の思ったことを英語で伝えるのにはあまり不自由しないレベルの英語力を身についていました。

 

まとめ

今となっては3年以上、英語教師として生徒さんのカウンセリングを含む英語レッスンに携わらせていただいております。彼らの成長を拝見してきて改めて思うのは、日本で英語力は十分伸ばせるということです。海外に行くこともとても貴重な経験ですが、英語力を伸ばしたいがためだけに、日本で本当にやりたいことがある人が、それらを諦めて海外に行くしかないと思わないで欲しい、というのが私の考えなのです。

 

ですから、自分はなんで英語を勉強しているのか、そのためにはどんな方法や取り組み方がいいのか…それを定期的に思い出すようにして、日本という環境でもどうしたらその方法が手に入るかを考えてみてください!

 

このブログでは、日本で英語力を上げた経験や色々な英語教師仲間と共有しているノウハウを元に、英語学習者として、英語話者として、そして英語指導者として、より多くの方の英語上達のお手伝いをさせていただければ、と思っています。