一生忘れない!?英単語の覚え方オススメ3選

単語力と言うのは、どのレベルの英語学習者にも共通して「足りないもの」です。特に単語に関して生徒さんから毎日、色んな疑問を投げかけられます!

英語学習者が抱く英単語にまつわる多くの疑問点

  • 単語って何を使って覚えるのが一番いいですか?
  • 単語ってどう覚えたらいいですか?
  • 単語って色んな意味があるけど、どこまで覚えたらいいですか?
  • 単語っていつから始めたらいいですか?
  • 単語っていつまでやらないといけないですか…?

 

なので、単語はいつまででも取り組んでいかないといけないものなんですね~

私も日々アンテナを張っています!

 

じゃあ、具体的にどうやったらいいのか!

人によっては、自分なりのやり方が確立されていて、やりはじめればポンポン進む人もいますが、今まであまり多くの英単語を自力で覚えようとする機会がなかった人たちは、何を使って、どのように進めればいいのか迷ってしまって、うまくはかどらない場合もあります。

 

ということで、私がおすすめする英単語の覚え方をまとめてみましたので、是非参考になさってください!

 

そしてこれはあくまで、私が英語学習者として実際に試してみて良くなかったことは排除し、相性が良かったものを続けていったものたちなので、万人に上手くいく方法ではないと思います。

 

学習法なんてそんなもんですよね。笑 みんなに上手く働く方法はないからみんなこんなに努力しているんですね。あはは~笑

 

実際に効果があった英単語の覚え方

①市販の教材を使った効率的な方法

alc究極の英単語1

さて、まずは市販の教材を使った方法から!

1人で英語を勉強するときは、リーディングをしたり、リスニングで聴き取ったり、単語帳を使ったりとさまざまな方法がありますが、効率的なのはやはり単語帳を使うことでしょう。

 

ただ、作業が単調になりがちなので、続けやすくする方法、途中でやめない方法を別途で考える必要はあります!

 

そのために1つ工夫できるのが単語帳選びですね。

 

私は、一般的な、単語と意味が一覧になっているような単語帳に、隙間の時間を使ってテンポよくばーっと目を通し、知らない単語の意味を覚える、という単調な方法が好きでしたが、

 

今レッスンの宿題として何人かの生徒さんと取り組んでいるのは、

 

1例文の中にいくつも新しい単語が入っているような収録形式で、その例文を覚えれば、数単語とその使い方も覚えられるというような単語帳です。

 

例文を毎週10個覚えれば、はじめのころは、単語数で言うと30~40個は覚えられるようになっています。

 

一週間にいくつ例文を覚えるかを自分で決め、チェックするようにすれば、かなりのペースで多くの単語を覚えられます!

 

また、英語のレッスンを受けている人は、ぜひ担当の先生に例文を覚えられたかどうかチェックしてくれるよう頼んでみると、ペースメーカーにもなっておすすめです!

 

英単語の覚えるポイントを絞るのが重要

ちなみに、単語帳にはさまざまな情報が書いてありますが、全部覚えないといけないのでしょうか?

速読英単語3

内容としては、

  • 意味2~5個
  • 品詞(名詞、動詞など)
  • 活用(過去形・過去分詞)
  • 発音記号
  • 熟語(その単語が使われているフレーズ)
  • 例文

このあたりが一般的ですね。

 

もちろん、一度にすべての情報を完璧に覚えるのは難しい、と感じる人もいると思います!私も単語帳の1周目は、1個目の意味と品詞くらいしか気にしていませんでした。

本当はもう少し視野を広げて1周目にたくさん覚えてしまえば後が楽なんですけどね~笑

それよりもとにかくテンポよく、単語リストにばーっと目を通すというやり方はリズムが良く、私には続けやすかったです。

 

なので、どこまで1周目で覚えるかはみなさんにお任せしますが、最低でも1つ目の意味と品詞、発音は覚えましょう!この3つが頭に入ってないと、せっかくやった単語でも実際には使えなかったり、間違って使ってしまう可能性があります。活用も大事ですが、最悪使うときにその都度調べればいいので、優先順位は下げています。

 

あとは、なるべくテンポよく、早くその単語帳を終わらせる気持ちでやるのがいいです。単語の暗記はじっくり考えながら覚えるほど、思考を必要とするものではありません。その代わり、その本自体を2~3周はして、穴がないようにしましょう!


②印象的に単語を覚える方法

単語帳を使うと、効率よく、テンポよく覚えられますが、単調になりがちで、覚えたものもすぐ忘れてしまうこともあります。

 

ですから、いかにして印象付けて長く記憶に残るようにするか、工夫が必要です!

 

声を出して、目と耳で覚えるもよし、自分で語呂合わせ(原形が崩れない程度に)を作るもよし、既に知っている似た形や意味の単語と関連付けて覚えてもいいのです。

 

とにかく、自分の頭の中になるべく印象的に残る方法をあみ出すことから、単語力を上げる取り組みだと思ってください。

 

ということで、2つめの方法をご紹介します!

それは、Google image検索を使う方法です。

 

 

こちらの記事に詳しいやり方が書いてありますが、基本的には覚えたい単語を画像検索かけて、出てきた画像を見ていくことで単語のイメージを脳裏に焼き付けることができます!

スクリーンショット (3)

「英単語を一瞬で覚えるための単純で強力なテクニック」

 

こんなにシンプルで手軽にできるのに、効果的な方法があったなんて!

この方法は、私もこの記事を読んで知ったのですが、私が英語を勉強していたときにも知りたかったなーと思いました!


③一生忘れない単語が身につく方法

社会人になるとなかなか難しいかもしれませんが、英語に一緒に取り組む仲間がいる場合、またその人に定期的に会える場合には、単語のパートナーとして、ふたりで決めごとをすることで、お互いにダラけず継続して英単語を覚え続けることができます。

 

私が高校生の時にやった方法で、他のページでもご紹介したことがあったかと思いますが、この時に覚えた単語は7~8年経った今でも覚えている、長期記憶にはもってこいの方法です!

 

私が高校のクラスメイトとやっていた単語のルールは、

  • 自分で英語を勉強しているときに出会った知らない単語を10個選ぶ
  • その単語と意味と例文、自分なりの覚えやすい方法などをリストにして紙に書く
  • 朝、パートナーとそれぞれのリストを交換する
  • 授業中に覚える(←授業は聞いてないwww)
  • 学校からの帰り道にお互いのリストから、その日の単語クイズを出し合う

 

これを毎日続けることで、英検1級などの難しい単語も覚えることができました!いまでもそれらの単語に出くわすことがあると、「あ!あの子とやった単語だ!」と思い出すことができます。

20141216_035830009_iOS
実際に貯まったお手製単語リストたち♪

もし、一緒に英語を頑張りたい人が身近にいる場合は、このやり方を提案してみてください☆楽しく続けられる、最高の方法です^^

 

まとめ

ということで、今回は3つの方法をご紹介しました!

  1. 例文に複数の新しい単語が含まれている単語帳を選び、例文ごと丸暗記する
  2. Google 画像検索で、覚えたい単語を調べ、イメージと一緒に覚える
  3. 単語パートナーとルールを作り、お互いにお手製の単語リストを交換して、単語クイズを出し合う

 

ひとつずつ試して、飽きたら次をやるでもいいですし、全部並行してバランスよくやるのもいいと思いますが、やってみると効果が実感できると思いますので、とりあえずは試してみてくださいね♪

 

では!!