Jay Walker:The world’s English mania

Jay Walker: The world’s English mania

TED動画を使ってリスニングの練習をするページです。

まずは、細かいところは聞き流しても大丈夫なので、

以下の二点だけ理解しようと努めて聞いてください。

1.このプレゼンテーションは何についての話か

2.このスピーカーが一番伝えたいことは何か(主張)

では聞いてみてください。

 

 

いかがでしたか?

もちろん一回でわからなくても全く問題ありません。

まずはこの二つの要点に注意を向ける癖を付けるようにしてください。どれだけわからない単語や言い回しが出てきても、それらに惑わされずに、話の中で【一番大事な上記の二か所】と、【ご自身の今の英語力で拾える情報】だけで話の概要を把握できるようになります!


では概要の答え合わせです!

1.世界にはマニアと呼べるほど熱心に英語学習に取り組んでいる人たちがいるという話。

2.英語はよりよい未来への希望を表すものである。

なんとなくこんなことを言っていたなと思えれば合格です。


では、細かく内容把握のためのポイントを挙げていきますので、ご自身の満足度に合わせて聞き進めてみてください。

Key Points

 

① なぜこんなにも英語は学ばれているのか、スピーカーが考える理由を聞き取ってみてください

 

② このスピーカーは、英語が他の言語を排除しようとしているのではないと言っていますね。母国語にはどんな役割があり、英語にはどんな役割があると言っているのでしょう?

 

③ 中国では小学3年生から英語の授業が必修科目となりました。これによって今年、中国は世界でどんな位置づけになるとスピーカーは話しているでしょうか?(それを聞いた観客からは少し笑い声が聞こえますね。)

 

ではまた聞いてみてください。

 

Tips

英文の一部とその箇所(00:00)をお教えするので、それらをヒントに空欄を埋めながら上記のポイントを拾いましょう。

① (3:48~)…and now English is becoming the language for ______, (~3:52)not because America is pushing it, but because the world is pulling it.

 

② (3:20~3:33)English is the world’s second language. Your native language is your life, but with English, you can become part of a wider conversation, _____________________.

 

③ (01:59~2:07)That’s why, this year, China will become _______________________________ country.

さて、このヒントを頼りにまた聞いてみましょう。


Answers

① (3:48~)…and now English is becoming the language for problem solving, (~3:52)not because America is pushing it, but because the world is pulling it.

英語が世界共通の問題を解決するための言語として使われるようになってきているから。それはアメリカが他に強いている訳ではなく、世界が求めているからだとも言っていますね。

 

② (3:20~3:33)English is the world’s second language. Your native language is your life, but with English, you can become part of a wider conversation, a global conversation about global problems.

母国語は生きるための役割をになっている一方で、英語によって人は世界規模の問題における意思のやり取りに参加できる、ということですね。

 

③ (1:59~2:07)That’s why, this year, China will become the world’s largest English speaking country.

世界で最大の英語大国になる(英語を話す人が最も多い国)、ということですね。(なぜ面白いかはわかりますね)


お疲れ様でした!!よく頑張りましたね。

他にもいいメッセージや、スピーカーにとって大事な箇所があるので、もしまた興味があったらご自身でより深く丁寧に聞き取れるように聞き直してみてくださいね。

 

私は、英語の教師をやりながらも、「絶対英語はやるべき!とにかく英語~!」と躍起になる必要はないという考えを持っているんですが、このスピーカーの考え方やメッセージは悪くないな、と思いました。

 

やはり、「なぜ英語なのか?」と考えたときに英語で様々なものが繋がって交渉が進んでいく世の中にどんどんなっているこの現状を受けて、「英語できた方が生きやすいだろう、それならやってみてもいいかな」というくらいのスタンスでいようと思えるようなプレゼンテーションだったような気がしてご紹介しました。

他にも、たくさんの動画を解説しています。ぜひ活用してください>>おすすめTED集